社員インタビュー

東京事業二部

SHIHO  ISAKA

伊坂 志穂

入社1年目に感じた「仕事を楽しむ気持ち」を
これからも持ち続けたい

2019年入社

今、どんな気持ちで働いてる?

入社してからの1年を振り返ってみると、社会⼈としてもエンジニアとしても分からないことが多く、不安が強かったと思います。でも、知識が増えてきて⾃分にできることが何なのか、ということが⾒えてくると、「働くって楽しい!」と思えるようになりました。

今、入社2年⽬になりましたが、1年⽬で感じていた新しいことに向き合う新鮮な気持ちや、仕事を楽しむ気持ちは、これからも持ち続けたいと思っています。

就職活動中は、どんな軸で企業を選んでいた?

就職活動は「働き⽅がイメージできる職場であること」と「社⾵が⾃分に合っていること」を軸にしていました。業界については、⼤学時代にIT系の会社でアルバイトをしていた経験から、システムエンジニアという職種に興味を持ち始めて。ソフトウェア開発の会社を中⼼に就職活動を⾏いました。

日本コムシンクに決めた理由は、新⼈研修が充実していて、未経験者や⽂系出⾝者の採⽤が多いこと、歴史が ⻑くて、安定した会社であることから、エントリーを決めました。そして、採⽤⾯接が⾯談に近い形式だったこと、先輩社員の⽅々の穏やかな雰囲気から、社⾵が⾃分に合っていると感じて、⼊社を決意しました。

今の仕事について、環境や先輩についてどう思う︖

すごく良い職場だと思っています。先輩⽅は簡単なことでも、とっても丁寧に教えてくださいますし、何より未経験者や新⼈に教えるための環境が整っていると感じます。他社のエンジニア⽅も同じチームにいるのですが、様々な会社の⼈達が集まって一つのプロジェクトで⼀緒に働く、というのが個人的に⾯⽩いなと感じています。

今後⼊社される新卒者、未経験の⽅には、「ITの知識がない」ことや、「プログラム経験がない」ことを不安に思う必要はない、ということをお伝えしたいです。知識や技術は⾃分の努⼒次第で⾝につけられますし、それを可能にする環境が整っています。積極的に質問したり、先輩社員や同期と交流したりして、働くことを楽しんでくださいね。